WinActorをVer5.2からVer5.3にアップデート

WinActorのノードロックライセンス版のフルライセンス版を1つ利用しています。最新版がリリースされていましたのでアップデートしました。

アップデート前のバージョン

バージョンアップツールは「フローティング版」と「ノードロック版」があり、それぞれ「管理者ユーザー用」と「標準ユーザー用」がありました。


現在、利用しているWinActorは「Zip解凍版」です。「ノードロック版」の 「標準ユーザー用」を使います。

標準ユーザー用インストーラーを使ったアップデート

WinActor_v530_inp_expire_20190331_30days.zipをダウンロードして解凍します。

解凍後のwinActor_v520フォルダに「WinActorインストーラー」と「WinActor」ドキュメントがあります。

「WinActorインストーラー」フォルダ配下のWinActorSetup_NoPrivileges.exeをダブルクリックしてインストーラーを起動します。WinActor本体は事前に終了しておきます。

ユーザーアカウント制御のダイアログが表示される場合は「はい」をクリックします。


同意して次をクリックします。

インストールしてあるフォルダを選択します。

警告のダイアログで「はい」をクリックし、「インストール」をクリックします。

完了をクリックします。

アップデート後のバージョンの確認

WinActorを起動して「ファイル」→「バージョン情報」で確認します。
WinActor rev.5.3.0になりました。

ドキュメントも最新バージョンがコピーされます。

[WinActor インストールフォルダ]¥webdriver¥chromedriver.exeを実行

exeファイルをダブルクリックして実行します。

ChromeDriver 2.41.578737 でした。

現在、利用しているChromeのバージョンは 72.0.3626.121でした。ChromeDriverの2.41はサポート外のため、最新のChromeDriverをダウンロードして、[マイドキュメント]¥WinActor¥webdriver のフォルダに配置しました。

手順はこちら↓

WinActorでChromeの最新バージョンのWebDriverを配置

ChromeDriver 2.46(Supports Chrome v71-73)をダウンロードしました。

[マイドキュメント]¥WinActor¥webdriver¥chromedriver.exeを実行

exeファイルをダブルクリックして実行します。

ChromeDriver 2.46.628402 でした。

v5.3.0 変更点

・WinDirector® powered by NTT-ATに対応しました。
・機能改善・・・シナリオ作成やシナリオ保守に関する操作性・機能を改善しています。
・セキュリティ対策・・・Java実行環境のバージョンアップを行いました。
・不具合対応・・・不具合の修正を行っています。
・ユーザライブラリ・・・ユーザライブラリの追加・変更を行っています。

Chromeをよく利用していますが、Chrome関連の追加、修正はありませんでした。

以上です。

Systemrpa, winactor

Posted by zzz