WinActorのマクロ実行でエラーが発生するようになった

Windows10上でWinactor6.3を実行しています。「Excel操作(マクロ実行)」のライブラリで問題なくマクロを実行していましたが、3日前から急に実行できなくなりました。すべてのマクロではなく、一部のマクロのみです。

このスクリプトには、悪質なコンテンツが含まれているため、ウイルス対策ソフトウェアによりブロックされています。

「Excel操作(マクロ実行)」のノードで失敗し、以下のエラーメッセージが表示されます。

スクリプトの実行に失敗しました。
エラー番号: 32813
内容: このスクリプトには、悪質なコンテンツが含まれているため、ウイルス対策ソフトウェアによりブロックされています。

WinActorのVBScriptからマクロを実行するときにブロックされているみたいです。

「Emotet」(エモテット)の影響?

マルウェア「Emotet」(エモテット)の活動再開による攻撃メールの件数が急増しています。2020年7月中旬ごろから再開したEmotetの活動が、2020年9月に入ってさらに活発になり、攻撃メールの配信量が急増しています。

IPAからの注意喚起↓

https://www.ipa.go.jp/security/announce/20191202.html

このマルウェアは主にワードのVBAを実行することで感染するみたいです。

それに関連してVBScriptからマクロの呼び出しが厳しくなったのでしょうか。

ウイルス対策ソフトウェアはWindows Defenderのみ

WinActor実行PCは、サードパーティ製のウィルス対策はインストールせずに、Windows標準のWindows Defenderを使用しています。

Windows Defenderを無効にしてみた

スタートメニューをクリックし、メニューの「設定」アイコンをクリックします。

「更新とセキュリティ」をクリックし、「Windows セキュリティ」をクリックして設定画面の、「ウイルスと脅威の防止」をクリックします。

「設定の管理」をクリックし、「リアルタイム保護」にあるスイッチボタンをクリックして「オフ(無効)」に切り替えました。

Windows Defenderを無効後、シナリオ実行

正常に実行できました。

いまのところ、信頼できないメールを処理するようなシナリオはないため、Windows Defenderは無効のままにしておきます。RPA専用PCなので問題ないと思います。

以上です。