WinActor ver7の移行を保留

2020年3月17日

追記 2020/3/17
下記はWinActor ver7.0.1の不具合の件です。WinActor ver7.0.2ではたくさんの不具合が解消されて、直ってると思います。

現在、WinActor ver6.1を利用しています。6系の最新はver6.2です。特に理由はありませんが、6.2にして、既存のシナリオがエラーになったら嫌だなと思ってたら、ver7がリリースされました。

で、ver6.2するよりもver7への移行を検討しようとしてインストールしました。

ver7はver6と1ライセンスで同じPCにそれぞれインストールできます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

試してみましたが、いくつか不具合がありましたので、ver7への移行は保留にします。

部分実行の不具合

ver.6まであった部分実行のメニューがなく、右クリックからしか部分実行できません。

変数A(初期値:1)をカウントアップするシナリオを作成しました。

全体実行すると、

初期値1から一つカウントアップして、当然「2」が表示されます。

グループを右クリックして、部分実行すると・・・・

変数一覧の「現在値」は「2」になっていますが、表示される値は「1」です。

なんと、部分実行時には、変数が初期値しか反映されないそうです!

作成中に画像マッチングの結果を変数にいれて、確認したいことがありますので、部分実行が使えないと生産性が激落ちです・・・

起動ショートカットの不具合

最小化して実行することができません・・・

最初に「ツール」→「起動ショートカット作成」で「起動後に実行」と 「実行完了後に終了」にチェックを入れ、ショートカットを作成しました。

作成後のショートカットのプロパティをみると「-r -e」のオプションが追加されます。このショートカットは正常に実行できました。

次に「タスクトレイに常駐」にもチェックをいれて作成しました。

オプションが「 -r -e -t」になりました。このオプションはver.6も同じです。

で、こちらのショートカットを起動しましたが、エラーになります。

オプションを利用せずに、シナリオのなかで最小化する処理を追加すればいいのですが・・・

不測のエラー発生時にかたまる

「不測のエラーにより継続ができません。」

のエラーが発生すると、WinActorを終了することもできません。

「ファイル」→「終了」も「閉じるボタン」も無反応です。

タスクマネージャーから強制的にプロセスを落とすしかありません・・・

もしくはパソコンの再起動です・・・

現在、複数のシナリオをスケジュール起動しているので、途中で止まってしまうのは致命的です。

よって、ver7.3ぐらいまで保留にします。ver6のままでもいいかも(-_-;)

以上です。