WinActorの不具合

2019年12月6日

不具合なのかどうかわからないけど、困ってること。

タスクスケジューラ上のマウスを制御できない

タスクスケジューラのバッチからシナリオを自動起動しています。シナリオが失敗したときに、タスクスケジューラのウィンドウを表示して、右クリック→実行でシナリオを再実行します。シナリオの最初にマウスを左上に移動していますが、タスクスケジューラのウィンドウ上にマウスカーソルがあるとエラーになります。

Windows10 で動作しているWinActor 6.1 で発生しました。

対策方法:実行してすぐにタスクスケジューラのウィンドウを閉じれば問題なく動きます。

Chromeのウィンドウハンドルが消える

ベーシック認証のサイトを表示するとそれまで、利用していたChromeのウィンドウハンドルがなくなり、操作不能になります。Chromeのバージョンの影響でしょうか。ベーシック認証のサイトがhttpなのも影響してそう?

別のサイトを表示して、移動すると問題なく動いたりします。ダメなパターンもあります。

対策方法:そのページが画像マッチングのみで処理後、Chromeを閉じて、Chromeを起動し直す。

Googleの仕様がころころ変わる件

WinActorの問題ではなく、外部のクラウドサービスの場合は仕方ないのですが、仕様が変更されるとシナリオも失敗します。

過去にあったもの

・GoogleスプレッドシートのUIが変更し、OKとキャンセルの位置が逆転ため、キーボードのエミュレーション。→画像マッチングのクリックに変更
・Googleログイン時にメールアドレス入力し、EnterでSubmitができなくなった。→画像マッチングのクリックに変更。

外部のサービスの場合は、キーボードのエミュレーション操作よりも、画像マッチングでクリックしたほうが安定するのかも? 内部的に仕様が変更されるよりも、見た目の変更のほうがわかりやすい。

・スプレッドシートのフィルタのボタン位置変更

・テキストボックス内でEnterが効かない

以上です。