GPU不具合のMacBook Pro2011にWindows10をインストール その4

2019年1月24日

前回の続きです。

VboxGuest Additions のインストール

VirtualBox を起動して ゲスト OS を起動し、メニューバーのデバイス  [ Guest Additions のイメージを抽入 ] をクリックします。

DドライブのVBoxWindowsAdditionsをダブルクリックします。

デフォルトのままでインストールします。

インストールが終了したら再起動します。

仮想PCの仮想ドライブを右クリックから取り出しを選択してマウントを外して終わりです。

やはり有償のVMのほうがいいかも

VirtualBoxにWindows10をインストールしたものの、正常に音声が出力されず、レスポンスもいまいちです。音声はドライバを変更すれば可能なのかも。

以下の記事をみると

https://news.mynavi.jp/article/20180822-vm/

Parallels、VMware Fusionの検証版で試してみます。

製品としてはParallelsのほうが優秀なのかな、複数の端末にいれるならコスパのいいVMware Fusion。

2018/12/11 追記
いろいろ試行錯誤しましたが
macOS v10.12.6 Sierra + VirtualBox 5.2.22 + Windows8.1 の組み合わせが安定しています。
VboxGuest Additionsはインストールしません。
Windows10は現時点ではオススメできません!