WinActorのメール送信ライブラリでGmailを送信 その3(値を変数に)

2019年1月24日

前回、WinActorで、ブラウザやメールアプリケーションを使用せずに、メール送信ライブラリでメールを送信しました。

WinActorのメール送信ライブラリでGmailを送信 その1(基本)

このときのノードの設定は直接、「値」を設定しました。

これを変数にします。シナリオごとに変更する宛先や件名、本文のみだけでもOKですが、もしかして送信設定の情報が変わるかもしれないので、こちらも変数にしました。不要かも・・

WinActorに変数を追加する

プロパティに「値→」を入れずに「*」を選択して変数名を入力します。

変数名を入力して「OK」をクリックすると変数一覧に存在しないため、登録するメッセージが表示されます。「OK」をクリックすると変数が登録されます。

変数一覧を表示

メイン画面の[表示]-[変数一覧]を開きます。

ここで追加された変数が表示されます。初期値の設定と、変数とグループを追加できます。

メールの変数を追加し、グループ名を変更しました。

このとき、コメント欄に「secretから始まる文字」を入力すると、初期値が非表示になります。

ノードのプロパティで変数設定

登録した変数を選択します。選択後、シナリオを実行したら正常にメールが送信できました。

シナリオのなかで変数の値を変更

シナリオで変数の値をセットすることで動的な内容に変更できます。

メール件名を変更

変数値設定のノードで値を変更します。

メール本文を変更

日時取得のノードで本文を変更します。

メール本文を改行する

ライブラリにある改行コード追加.ums5で改行コードを追加することが可能です。

文字列を追加すると

メール本文が改行できました。

受信メールで改行されていましたが、文章が長いと大変です。

メール本文をメールテンプレートから読み込む

メール本文のテンプレートをテキストファイルで作成します。

WinActorにテンプレートのフルパスと置換用の変数を作成します。

テキストファイル読込.ums5で、ファイルパスと格納する変数を指定します。

文字列置換.ums5で特定の文字列を変数で置換します。

3行とも置換後にシナリオを実行してメール送信しました。

正常に置換されていました。

シナリオ内で変数の値を設定すれば、メールに変数を埋め込むことができます。

次はメールの添付ファイルを検証します。

WinActorのメール送信ライブラリでGmailを送信 その4(ファイル添付)