GoogleAppsScriptで1年後の日付を計算する

Dateクラスのインスタンスを取得し、1年後の値をsetFullYearで設定します。

function OneYearLater(){
var date = new Date();
date.setFullYear(date.getFullYear() + 1);
date = Utilities.formatDate(date, ‘Asia/Tokyo’, ‘yyyy/MM/dd’);
Logger.log(date);
}

日付を指定する場合、Dateインスタンス生成時に文字列を渡すと、うまくやってくれます。

function OneYearLater(){
var date = new Date(“2018/01/01”);
date.setFullYear(date.getFullYear() + 1);
date = Utilities.formatDate(date, ‘Asia/Tokyo’, ‘yyyy/MM/dd’);
Logger.log(date);
}