Google Apps ScriptでWebアプリケーション作成 その1

2019年1月24日

GSuite無料版で作成してみる

無料のGoogleアカウントでも同じように作成できると思いますが、過去に取得したG Suite(Google Apps)の無料版で作成しました。

Standalone Scriptを作成

GoogleDriveにGASフォルダを作成しました。

「新規」ー「その他」ー「Google Apps Script」を選択。初回は「Google Apps Script」がないため、「アプリを追加」します。

Google Apps Scriptの接続をクリックします。

接続されました。OKをクリックします。

「新規」ー「その他」ー「Google Apps Script」を選択します。

プロジェクト名の編集

タイトルをクリックしてプロジェクト名を変更します。

HTMLファイル作成

「ファイル」ー「新規作成」ー「HTMLファイル」を選択。

ファイル名に「helloworld」を入力しました。

helloworld.htmlが作成されます。

bodyにHellodWorld!を入力します。

ファイルを編集し、保存してない状態では、タブに*が表示されます。

Ctrl+S(Macの場合はCommand+S)で保存しましょう。

doGet()関数の作成

Google Apps Scriptで作成したWebアプリケーションにアクセスに最初にアクセスするとdoGet関数が呼び出される仕組みになっています。

doGet関数の戻り値は「HtmlOutputオブジェクト」です。

HtmlService.createTemplateFromFile(“helloworld!”)でHtmlTemplateオブジェクトを作成し、HtmlTemplateオブジェクトのevaluateメソッドで「HtmlOutputオブジェクト」を作成できます。

helloworld.htmlファイルから「HtmlOutputオブジェクト」を作成しています。

ウェブアプリケーションとして導入

保存して「公開」ー「ウェブアプリケーションとして導入」を選択。

バージョンに1を入力し、今回は匿名ユーザーもアクセスできるようにしてみました。

URLにアクセスすると表示されます。

https://script.google.com/macros/s/AKfycbwoX-UU-RrzPeGwlQSi_lwMEBoTO9gG4-gZ8fmQJ9w-1sRJyneu/exec

作成したGoogleアカウントでログインしている状態

作成したGoogleアカウントでログインしていない状態

警告が表示されます。

静的なhtmlを出力しましたが、動的なWebアプリケーションも作成できます。つづきは次回。